女子力ありません!その原因とは

トップページ > 女子力ありません!その原因とは

女子力がないからと言って諦めてはダメ!

「自分は女子力ありません」と周りに言っている人は、自分に対して諦めていませんか?「今よりもっとアップさせたい。でも私に出来るのだろうか?」こんな疑問を持つかもしれませんが、諦めてはいけません。現在、女子力が高いと言われている人達は、元々高かった訳ではなく試行錯誤の末に得たものです。ですので、現在女子力がなくても大丈夫。一朝一夕では上がりませんが、自分次第で必ず得られるもの。

先ずは、異性の視線を意識し女性であることを放棄しないように。また、自分を変えられるのは自分だけということを忘れずに。人がいくらアドバイスをしても、あなたの意識が変わり、そして行動が変わらないと女子力は上がることはありません。そういった意識を変えるだけでも、未来は変わっていきます。諦めないで向上に励みましょう!

さりげなさが大切!女子力とは、相手への配慮力

「自分には女子力ありません」と言う人は、女性としての魅力だけでなく、周りの人に対する気配りも足りないかもしれません。女子力とは、周りの人への配慮力ともいえます。異性があなたに対して「心地よい、安心する、癒される」と思ったら、相手に対して配慮が出来ているということです。
例えば、飲み会で途中から参加した男性にメニューを渡してあげる。料理を取り分けてあげる。飲みたいお酒を聞いて注文してあげる。といった、さりげない気配りは、男性は確実にチェックしている部分です。こういった配慮は必要不可欠です。最初の料理の取り分けだけしてで満足してはいけませんよ!

普段から、人からしてもらって嬉しかった気配りなどを心にとめておきましょう。そうした引き出しが増えれば、あなたの配慮力も確実にアップします。

女子会NG!男性と過ごして女子力アップ!

「類は友を呼ぶ」この諺のように、女子力が足りない人はそのような人達で集まりがちです。だからといって頻繁に女子会を開くのはNG。女子力を上げたいと思っている人は、男性からモテたいという願望を持っているのではないのでしょうか?女子力が足りない人々の集まりは、気休めにはなるかもしれませんが時間の無駄です。また、そのような場で行われる情報交換は期待出来ません。
女子力が足りない女性で集まる位でしたら、、男性とデートをして過ごしましょう。男性と過ごせば、自分が女性という意識が芽生えます。自身が女性であるという意識は、女子力を高める上でとても大切。女性だけの集まりの場合、この意識は生まれません。女は男で変わるもの。また、男性の前で「私、女子力ありません」といった自虐的な言葉を発しないように!マイナスポイントになってしまいます。男性と過ごす時間を増やして自分を磨きましょう。